富良野通運株式会社

NEWS

貨物鉄道論文賞最優秀賞受賞について

 2021年12月14日 日本貨物鉄道株式会社が募集した 第21回貨物鉄道論文賞 の表彰式が開催され、当社代表取締役である永吉大介氏の論文「バランスのとれた北海道内物流の構築にむけた貨物鉄道利用促進の再検討~この10年間の社会情勢の変化を踏まえて~」が 最優秀賞 を受賞しましたのでお知らせいたします。  当社では農業分野と物流分野の連携による、北海道の持続的な発展を図るとともに、環境にやさしい輸送機関である貨物鉄道の発展と利用促進を目指してまいります。 今後も、お客様お取引先様からのご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ロゴマークの商標登録について

 このたび、富良野通運株式会社が特許庁に出願しておりました「大地をはこぶ。 / FURANO / express / 富良野通運+図形 」が2021年11月9日に商標登録されましたのでお知らせいたします。  富良野のシンボルであるラベンダー色のリングは、当社がつながり・循環・幸せのワンチームであることを大切にしたいという思いを込めています。富良野の頭文字「フ」をモチーフにしたスピード感ある2個の矢印は、「お客様」「お取引先様」の繁栄を後押しし、「社員・家族」がその先の未来に飛躍するビジョンを表しています。  当社は、富良野そして北海道の凛とした大自然とともに歩み進んできました。その原点はこれからも変わりません。 大地をはこぶ。  この広大な大地で培った物流の経験を生かし、まっすぐにお客様の荷物を届け、新たなアイデアに挑戦し、提案し続けてまいります。  社員一同、全ての「お客様」「お取引先様」のご期待にお応えすべく、今後も精進してまいります。今後とも当社への変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。 登録内容は下記の通りです。

トラック日常点検研修会の開催について

6月15日、16日、18日の3日間に、当社各事業所で北海道日野自動車株式会社ご指導により、営業用トラック日常点検研修会を開催しました。 当日は、日常的に点検する箇所のポイントを会議室を利用してご説明頂き、その後実車にて具体的な説明を頂きました。特にタイヤの状態や、ホイールボルト・ナットの状態の確認を重点的に行い、各社員も実際に点検ハンマーを握り、落下事故防止に向けた点検意識の向上を行いました。 当社はこれからも安全に向けた取り組みを進めてまいります。 実車を利用した点検教育 社員も点検ハンマーを握りホイールナットの状態を確認

当社後援事業の開催について

 3月29日(月)ふらのマルシェ2「タマリーバ」にて「コピーライター的かんたんブランディング講座 御社の売りを売り上げに」と題し、コピーライター・クリエイティブディレクター池端宏介様の講演会を開催しました。主催者は一般社団法人北海道中小企業家同友会富良野地区会で、弊社は後援として参加しております。  池端様には当社ブランディングの経緯をご紹介頂いた上で、富良野の皆様の集客向上・採用強化のためになるブランディング力向上のヒントを頂きました。  当日はコロナウイルス対策を充分に行い、ZOOM対面合わせて約50名が参加され、無事盛況に終了しました。弊社は、今後も地域の活性化に向け微力ではありますが、積極的に取り組んでまいります。

トラックドライバーは、
まちの代表選手です。

野菜をつくるのは、農家さんだ。
わたしたち富良野通運は、
農家で必要な肥料や飼料を届ける。
収穫したじゃがいもやスイカを選果場へ運び出す。
牧場で使う飼料や牧草ロールも、
さらには、牛や豚そのものだって載せる。
主力産品のタマネギは広く集荷。
貨物列車にバトンを渡す。
札幌はもとより東京・大阪さらには遠く九州の食卓に運ばれる。
農業は、この地域を支える。
物流は、地域の産業を支える。
北海道のど真ん中から、
わたしたちは富良野ブランドを広めていく。

事業紹介